知ってた!?パネルヒーターの電気代と節約術!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
imasia_11954907_M

オイルヒーターと同様に自然と部屋を暖めてくれる「パネルヒーター」。ペット用の暖房器具としても人気が高いですね。一方で、こちちらもオイルヒーターと同様に、月々の電気代が高くなることで有名です。今回は、このパネルヒーターの電気代について調査しました。

スポンサーリンク

1. パネルヒーターの電気代

通常型のパネルヒーターの電気代!

パネルヒーターは、だいたい1時間あたり、弱モードで約5円〜15円、強モードで約23円〜35円ぐらいかかります(下記は2015年10月現在で価格コムの人気4モデルで検証)。オイルヒーターと比較すると、弱モードの電気代が低いタイプがあることが特徴です。

製品名 本体価格
消費電力
電気代
(1時間)※
SmartHeater2 ESH-1100SD
(バルミューダ)
49,400円 強:1300W
弱:190W
強:33.7円
弱:4.9円
談話室1000型G
(アールシーエス)

34,286円

強:1000W
弱:250W
強:25.9円
弱:6.5円
夢暖房660型H
(アールシーエス)
25,264円 強:880W
弱:600W
強:22.8円
弱:15.6円
HMP900J-B
(デロンギ)
12,800円 強:900W
弱: 450W
強:23.3円
弱:11.7円

※ 本体価格は2015年10月の記事執筆時点での価格.comでの最安値
※ [消費電力(kWh)×25.91円×1時間]で計算。25.91円は東京電力「従量電灯B」の第二段階料金

パネルヒーターは、オイルヒーターと同様でじっくりと機器の熱で部屋を暖めていきます。そのため、「暖まるまでの時間が長い」という性質があり、長時間にわたって使用されることが多いです。使用時間別の月々の電気代の目安を下記の表にまとめます。1時間の電気代は弱モードと強モードの中間点として20円としています。

1日の平均使用時間 1日の電気代目安 月々の電気代目安
4時間 80円 2,400円
8時間 160円 4,800円
12時間 240円 7,200円
16時間 320円 9,600円
20時間 400円 12,000円
24時間 480円 14,400円

※ 長時間の利用では、弱モードと強モードを使い分けると考え、1時間の電気代を20.0円で計算

使用時間が長いと、やはり1万円近くは電気代が上がってしまうようです。もし、全て強モードで使用したとすると場合によっては2万円を超える電気代になってしまうでしょう。

ペット用のパネルヒーターの電気代!

ペット用のパネルヒーターは小型のものが多く、消費電力も160W前後と低めのものが多いです。1時間あたりの電気代は4.2円。24時間つけっぱなしだと、1日100円、1ヶ月で3000円くらいの電気代になります。

通常の部屋用のパネルヒーターと比べると安めですが、それでも高いことには変わりないですね。

2. パネルヒーターの節約術!

パネルヒーター

パネルヒーターの節約法はシンプルで「なるべく弱モードで運転するようにすること」です。パネルヒーターは弱モードであれば、1時間あたりの電気代が5円〜15円で済みますので、かなり電気代を浮かせることができます。

具体的には、下記の手法を試してみてください。

  • 窓際に置いて、冷たい空気が入ってくるのを避ける
  • 部屋が少し暖かくなるまでエアコンも併用する
  • 自動ON/OFFモードがあれば、上手く使用する(設定温度を高く設定しすぎるのは要注意!室温は18度〜20度くらい)

1番の注意点は、パネルヒーターに過度な期待をしすぎないことです。具体的には室温を27度など高く設定してしまうと、常にフルパワーで動かないといけませんし、実際にその温度にするのは難しいです。上着や毛布なども併用しながら、18度〜20度くらいまでに設定できると、電気代を安くすることができます。

 

3. まとめ

最後に、この記事のまとめになります。なお、他のヒーターとの電気代などの違いが気になる方は、「【完全版】ヒーターの特徴と違いを徹底比較してみた」もご覧ください。

  • パネルヒーターの1時間あたりの電気代は弱モードで約5円〜15円、強モードで約23円〜35円
  • 使用時間が長いと1万円、2万円も電気代がアップすることも
  • ペット用のパネルヒーターは1時間あたり4.2円の電気代。24時間使用で1ヶ月3000円程度
  • パネルヒーターはなるべく弱モードで使用するように工夫する
    • 窓際に置いて、冷たい空気が入ってくるのを避ける
    • 部屋が少し暖かくなるまでエアコンも併用する
    • 自動ON/OFFモードがあれば、上手く使用する(設定温度を高く設定しすぎるのは要注意!室温は18度〜20度くらい)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*